学生支援

  • 学生支援
  • 留学生支援
  • 懸賞論文
  • その他

学生支援

留学生支援

平成27年度 奨学生(法学部留学生)募集は中止しております

懸賞論文

2022年度の青雲懸賞論文募集につきましては、詳細が決まり次第お知らせいたします。

[2021年度]

2021年度の青雲懸賞論文は、多数の応募の中から以下の6本が優秀論文として選ばれました。
受賞者には表彰状と賞金を授与します。
また、2022年7月16日(土)開催の青雲会総会にご招待します。

結果報告

【A:法学部門】

【B:政治学・経済学部門】

1席

法4年: 井上 なみき
障害者政策における「承認」の問題

2席

公4年: 鯉沼 花帆
経4年: 谷川 翠
公3年: 遠藤 瑞季
公3年: 佐藤 優樹
使用済み太陽光発電モジュールの排出量予測と
廃棄税シミュレーション
〜太陽光発電大量廃棄問題にむけて〜

佳作

公4年: 年増 望生
日本のユダヤ人避難民政策−1938-1942年−

本年度応募件数  A部門22件、B部門16件、 合計38件

卒業修了祝賀会

[2018年度]

2019年3月25日(月)、豊中総合学館にて法学部卒業式があり、法学部法学科より162名、国際公共政策学科より63名、計225名、法学研究科より40名の合計265名が卒業・修了されました。
法学部優秀賞授与式に続き、2018年度の青雲懸賞論文表彰式および青雲キャリアチャレンジ賞表彰式が行われました。青雲懸賞論文1席、2席、佳作の皆さんと、青雲キャリアチャレンジ賞表彰式1位、2位の皆さんに青雲副会長から表彰状と賞金が授与され、卒業生の皆さんからの祝福をいただきました。
表彰式のあと開催された卒業修了祝賀会は、林法学部長の祝辞と松野副学部長の乾杯で始まりました。仲間同士や恩師を囲んでの和やかな懇談のあと、豪華景品をめざしてのビンゴ大会で大いに盛り上がりました。
この祝賀会は青雲会の主催ですが、当日の運営は法律相談部、法学研究会、交渉学研究会、公共政策研究会、国際法学研究会の5つの法学部公認サークルの在校生のみなさんが担い、出席者数は先生方や法学研究科卒業生を含め160名の多数になりました。